お店で買うのが恥ずかしくて躊躇ってしまう世のシャイな大人向けにネットで購入できる「花(花束)」の情報をお届けしています。

第一園芸オンラインショップについて

最終更新日:2013年10月19日

第一園芸第一園芸オンラインショップは帝国ホテルや三越日本橋店などにも店舗を持っている他、法人向け「空間装飾」「セレモニー装飾」「緑化デザイン」を手掛けている花と緑のトータルプロデュース企業の第一園芸株式会社が運営しているオンラインショップです。

帝国ホテルといえば日本でも3本の指に入るホテルで、そこに来るお客様を相手に店舗を構えて商売ができているという時点で第一園芸のクオリティの高さは間違いないと思います(歴史はそれほど長くないと認識していますけど、2013年10月現在選ばれているのは確か)。

格式の高いところに出店していることとは関係無いでしょうけど、第一園芸の花束(フラワーアレンジメント)は華やかはあるものの、決して過剰な演出をすることはなく大人のフラワーアレンジメントといった印象を受けるものが多くあります(これはハロウィンの様な時でも同じですね)。

ただその分価格帯も高めに設定されているように感じますので、気軽なプレゼント用に利用するというよりは「結婚記念日」や「お世話になった上司の送別」など、より大きな節目の時に利用するのがいいように感じます。もちろん予算を気にしないのであればいつでもOKですけど^^

法人向け商品も充実

第一園芸が他のネットショップと違う点として「法人向け商品」が充実している点にあります。それはメニューに「法人のお客様」という項目があることからもよくわかると思います。

この辺は個人向けに花(花束)を販売する以外にもサービスを展開している企業らしい対応になりますね。法人向け商品を具体的に見ると「開店・移転・開業」「ご栄転・ご昇進」「送別・退職のお祝い」のカテゴリーが登場します。

確かにこういった時に贈る花はどこで購入できるか迷うところですので、普段の花も買えるネットショップで購入できることは非常に有難いことだと思います。もちろん品質面でも安心できますから、先様に対して例を逸することはありませんし、逆に驚かれるかもしれません。

登録されているタグ一覧

hana-net管理人が感じたおすすめポイント!!

第一園芸のサイトを見ると決して商品ラインナップが充実しているとは言えません(あくまでも他のネットショップと比較して)。しかし、一般的な花(花束)は一通り揃っていて商品的に不足を感じるかというとはありません。

これは「とにかく数で勝負」しようとしているのではなく、
厳選した商品をお客様に届けるという観点からのラインナップだと感じます。そうなんですよ、逆に言うと「自分たちの目利き」に自身があることの表れともいえます(ちょっと言い過ぎかな^^)。

選択肢は少なくても間違いのない商品が買えるので、メニューがあり過ぎて迷ってしまうような人は商品が絞りこまれているので、買いやすく感じると思いますよ。

第一園芸関連記事
花束「ニケ」
花束「サイキ」
そのまま飾れるブーケ「ピュア」
そのまま飾れるブーケ「シャイン」
そのまま飾れるブーケ「ラブ」
同じカテゴリの最新記事
フジテレビフラワーネットについて
花キューピットについて
第一園芸オンラインショップについて
イイハナ・ドットコムについて
日比谷花壇オンラインショッピングについて
三上バラ園について