お店で買うのが恥ずかしくて躊躇ってしまう世のシャイな大人向けにネットで購入できる「花(花束)」の情報をお届けしています。

複数の店舗を気軽に比較できる

最終更新日:2013年10月7日

比較できるこれもまた「花(花束)」の購入に限ったことではなく、インターネットの通販(検索も含むか)の特徴でパソコン(スマホorタブレット)があれば移動しなくても複数の店舗の商品を見て比較することができます。

また、比較サイトと呼ばれる特定の商品について複数の店舗の価格orサービスを比較しているサイトも存在しているので、こういったサイトを見て比較することも可能です。もっともの「花(花束)」は提供しているECサイトも少なく、それぞれが独自の商品ラインナップを持っているため、比較サイトとしては成立しにくいためあまり有効ではないと思います。

家電製品のように「商品目、型番で検索&比較」というテクニックは使えませんけど「予算」や「構成」「サービス(納期など)」を簡単に比較できることはネットの優位性として間違いないといえます。

比較の基本は「予算」かな…

花(花束)は各ショップで内容が違うのが普通なので単純に「誕生日用」「贈答用」「結婚祝い用」などで比較しても今ひとつスッキリすることは稀だと思います(クリスマスとかハロウィンなどの季節的な場合は使われる花が決まってくるので比べやすいと思いますが…)。

そこで、比較のポイントとしてあげたいのが「予算(金額)」
自分が想定している予算で複数のサイトを調べてみて、その中で「綺麗」「花が多い」「色合いが良い」「豪華に見える」など付加価値を見いだせる商品があったところを利用するのがおすすめです。

花は流通の世界では「生鮮食品」にカテゴリーされているもので、調達と配送に関しては各店舗で「得手不得手」が少なからず存在しているため、例えば「バラ」ひとつ取っても調達量が多い店舗、それほどでもない店舗などが存在します(もちろん基本的な在庫は確保しています)。

もっとも仕入れの違い、構成の違いがそのままお店の特徴になってきますから、差があって当然ですよね。

商品価格以外もしっかりと比較する…

「予算重視」と書いた後でアレですけど、インターネットでの買い物は単純に「商品価格」だけで決まるものではなく、配送料や梱包費などプラスアルファの費用が発生します(店頭で購入して持ち帰る場合との大きな違いですね)。

ですので、表面上の価格だけではなく「梱包するのにいくらかかるのか」「発送料はどれくらいなのか」といった点もしっかりと比較する必要があります。また、費用面以外でも「最短納期」や「配送の時間帯」などチェックする点があるので、それらもチェックすることを忘れないようにしましょう。

また、ユーザー登録をすることで住所などの入力は省ける、ポイント制度があるなどリピート買いするときに便利な仕組みがあるかも比較するときには大切になってきます。

ただし、、、
一番重要な「商品」の良し悪しは一度購入して見ないとなんとも言えないのはインターネットの弱点でもあります。
ここが気になる場合は利用するサイトの口コミ評価などを活用するのが無難だと思います。

登録されているタグ一覧
同じカテゴリの最新記事
予算を重視した買い物ができる
お店の人と会話しなくてもよい
複数の店舗を気軽に比較できる
時間に関係なく探せる&買える