お店で買うのが恥ずかしくて躊躇ってしまう世のシャイな大人向けにネットで購入できる「花(花束)」の情報をお届けしています。

予算を重視した買い物ができる

最終更新日:2013年10月8日

予算を重視花(花束)の購入の時はできれば「予算を気にしないて…」なんて思いたいところですけど、実際のところは限られた予算の中で買い物をすることになってしまうのは仕方の無いことですよね。

しかし、店舗のような「対面販売」の場合はどうしても店員さんの意見や気に入ったものがあった場合「見栄」だったり「引けなくなる」という心理が働いてしまうことがあります。特に店員さんが綺麗な女性だったりしたら、つい見栄を張ってしまいたくなるのも男心です(笑

これがインターネットでの購入であれば、予算に関して誰の目も気にすることなく自分の決めた中で選ぶことができますから、予算オーバーになる危険性は極めて少ないといえます(商品のラインナップを見て揺らぐことはあると思いますが)。

店頭にしろインターネットにしろ、買い慣れていないものを買うので、予算にはある程度の「幅」を持っているとは思いますけど、潤沢な予算を持って買い物をする人は少ないでしょうから、予算を守った買い物ができるのは魅力と言っていいと思います。

※店頭で店員さんのプレッシャーに負けず、予算通りに購入できればいいんですけど、それが結構ハードルが高いんですよね^^

予算(お金)だけで決められないことも…

このサイトのこの記事を読んでいる人は「あまり花(花束)を買ったことがない人」だと思うので、そもそも自分の想定している予算が正しいのかもわかならい、なんてこともあると思います。

したがって「予算を重視する」ことも大事ですけど、それ以上に「どんな気持ちで花(花束)贈りたいのか」を今一度思い返しながらサイトを見ることをお勧めします。そうすると贈りたい花(花束)のイメージもできるので、そこから予算にあった商品を選択するといいと思います。

花(花束)をインターネットで販売しているサイトの多くは、シーン(結婚祝い、送別用、誕生日祝いなど)に合わせた検索や、色で検索できる仕組みがあるので、一旦予算を忘れてこういった検索を使ってその後で予算と照らし合わせるのも悪く無い方法です。

一点豪華主義かボリューム感か…

予算に余裕があれば「バラを100本!」のような豪快な買い方もできると思いますが、実際は難しいですよね(もっともバラが合わないシーンもありますし、100本は多すぎるという気もしますけど^^)。

ある程度の予算でも好印象を与えるには「一点豪華主義」にするか「ボリューム重視」にするかの2択になってきます。

まあ、この辺は贈る人によって変わるのでどっちがいいかと言われると悩みますが、管理人の場合は奥さん(女性一般とも言えます)に送る場合は「一点豪華主義」で、お世話になった方に贈る場合は「ボリューム重視」で考えています。

この記事は「お金」という点を切り口にしていますが、やっぱりお金以外にも大事なものがありますよね、、、
ただ、最初に書いたようにお店の人と話しながら買うと「贈る相手のこと」以上に「花を買っている自分」に比重がいってしまうことがあるので(見栄ね)、インターネットでの買い物のほうが大事なことを忘れなくていいと思います。

登録されているタグ一覧
同じカテゴリの最新記事
予算を重視した買い物ができる
お店の人と会話しなくてもよい
複数の店舗を気軽に比較できる
時間に関係なく探せる&買える